羽生結弦「卒論」流出の波紋…現行採点制度への不満つづる

公開日: 更新日:

《ジャンプの評価基準は明記されているものの曖昧な部分が多く、その試合の審判員の裁量に委ねられている部分が大きい》

 フィギュアスケート羽生結弦(26)がつづった卒業論文の一部である。

■「女性自身」が報道

 昨年、早稲田大学人間科学部通信教育課程を卒業した羽生。同学部発行の学術誌に特別寄稿するために加筆修正された論文の中身を、発売中の「女性自身」が報じているのだが、それによると羽生は論文で、現行の採点制度やその不備を悪用する選手やスタッフを痛烈に批判。ループジャンプの際、回転数を稼いでから離氷する選手を《稚拙なジャンプ》と斬り捨て、減点対象と明記しながら離氷を判定する基準がないと問題点を指摘。また、《審判員は1方向からしか見ることができないという物理的な制限があり、プログラムの振付師やスケーターのコーチによっては審判員の死角になるようにフリップジャンプ、ルッツジャンプを配置している》とも記している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  4. 4

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  8. 8

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る