羽生結弦は世界選手権3位惨敗…4回転半また回避で限界説も

公開日: 更新日:

「一体、いつになったら決めるのか」

 世界中のファンをやきもきさせているのが、フィギュアスケート男子の羽生結弦(26)だ。

 28日に閉幕した世界選手権(ストックホルム)では、ショートプログラム(SP)で首位に立ちながら、フリーで転倒するなどミスを連発。ライバルのネーサン・チェン(21=米国)に逆転で3連覇を許した上に、初出場の鍵山優真(17)の後塵を拝して3位に終わった。

 3大会ぶりの王座奪還を逃した羽生。28日のオンライン会見では「アクセルを跳べないと一生満足できない。最終目標はオリンピックの金メダルではなく、あくまでも4回転半を成功させるのが一番の目標」と大技成功に意欲を見せた。

 今大会に向けて長い時で2時間近くも4回転半の練習に費やし、高難度のジャンプ習得に励んできた。「かなり死ぬ気でやってた」としながらも、精度が上がらず開幕直前に回避した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  9. 9

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る