ソフトB守護神・森が利き腕と反対の左肘を負傷した理由

公開日: 更新日:

 右腕守護神が「左腕」負傷でまさかの離脱だ。

 4月30日、ソフトバンクの森唯斗(29)が「左肘関節化膿性滑液包炎」で登録抹消。1週間程度入院するという。森は4月15日にも左肘の腫れで2日間、離脱していた。

 それにしても森はなぜ、利き腕とは反対の左肘を故障したのか。スポーツ障害が専門のメディカルトリート代々木治療室の若月順院長が言う。

「関節は、その中に水が入っているからこそ滑らかに動かせる。しかし、炎症を起こすと、その水が皮膚のすぐ下に出てきてしまう。今回の森投手の炎症もおそらくこれでしょう。投手が利き腕と反対の肘を負傷する例はあまり聞かないが、右投手は投げる際、グラブを持つ左手を一度前へ出し、リリース時に懐に抱え込むように左手を後ろへ引く。伸ばして曲げるという動きを一球ごとに行っているのだから、痛めるケースもあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る