阪神で「4番・三塁」争い激化 佐藤輝が大山から奪う可能性

公開日: 更新日:

 4番でまた打った。

 7日のDeNA戦、阪神佐藤輝明(近大)が大山の故障離脱により、2日以来の「4番・三塁」でスタメン出場。その2打席目、右腕中川のインハイの速球を振り抜くと、右翼上段へ今季10号ソロを放った。4番に座った試合では、2試合連続アーチとなった。

 新人選手の33試合目での10号到達は2003年の村田(当時・横浜=36試合)を抜いてドラフト制後最速。プロ野球の新たな歴史に名を刻んだ。今季10本塁打、26打点はともにリーグトップタイ。このままのペースでいけばシーズン43本塁打、113打点となる。シーズン当初から対応力を身につけている上に、今季の阪神はマルテ、サンズら巧打者が揃うだけに、その相乗効果も期待できる。ケガさえなければ、30本塁打、100打点の大台到達は決して夢ではないだろう。

 こうなると、気になるのが今後の佐藤の打順。阪神周辺では、「背中の張りで二軍調整中の大山が一軍復帰すれば、再び『6番・右翼』に戻るだろうが、このままのペースで打ち続けるなら、4番としても十分やっていける」との声が出ている。佐藤は4番だろうと涼しい顔で本来の力を発揮しているし、三塁は大学時代の本職だから右翼より守りやすいはずだ。

 まして、阪神の左打者で「4番・三塁」と言えば、ミスタータイガースである掛布雅之と重なる。大山不在の間の佐藤の活躍次第では、「4番・三塁」争いが本格化するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る