権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

荒れ球が問題?阪神藤浪の二軍落ちがまったく理解できない

公開日: 更新日:

 6日、ナゴヤ球場で行われた二軍の中日戦に先発した阪神藤浪晋太郎(27)の投球をネット裏から見た。

 結果は5回を2安打1失点。3四球を与えたことで「この日も課題の制球力は安定しなかった」と報じられているが、それのなにが問題なのだろうか。

■荒れ球は持ち味

 これは、阪神の首脳陣にも言えることだ。荒れ球は藤浪の持ち味――そう考えて彼を見てやらなければ、いつまでたっても藤浪の投手人生は好転しないと思う。

 そもそも、今回の二軍落ちからして私には理解できない。今季、一軍では5試合に先発して2勝1敗、防御率2.60。先発としての役割を果たしている。だが、4月23日のDeNA戦で被安打2ながら、7四死球を与えて自責点3で登録を抹消された。5試合で計27回3分の2を投げ、24四死球を与えたことを問題視されたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

もっと見る