ロハス初HRも二軍落ち危機…見切り早い阪神は我慢できるか

公開日: 更新日:

 ようやく一発が出た。

 阪神のロハス・ジュニア(30)が、18日のヤクルト戦で22打席目にして来日初安打となる1号本塁打を放つと、続く打席でも適時打をマークした。

 韓国で本塁打、打点の2冠を獲得した両打ち助っ人は年俸2.6億円の2年契約で入団。コロナ禍による入国制限で来日と一軍合流が遅れていた。

■初本塁打も二軍落ち危機

 しかし、前途は明るいとは言えない。二軍調整中の大山や外国人枠を争うガンケルも近々、復帰予定。矢野監督もスタメンは「自分で掴み取っていくもの」と言っている。大量8人の助っ人を抱える上に、阪神はただでさえ助っ人の見切りが早い。低迷が続けば、二軍落ちどころか、二軍で「塩漬け」になりかねない。

 とはいえ、ロハスの実力に見切りをつけるのは時期尚早かもしれない。韓国野球に詳しいジャーナリストの室井昌也氏は、韓国時代のロハスについてこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    五輪運営関係者は観客ではない? 上手いこというね…なんていうわきゃないだろ!

もっと見る