山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

公開日: 更新日:

 阪神ドラフト2位ルーキー、左腕の伊藤将司が予想をはるかに超える活躍を見せている。開幕から4試合に先発し、無傷の3勝(1完投)、防御率は1.55。社会人出身の25歳だから、即戦力じゃないと困るわけだが、それでもまさか先発でこんなに結果を残すとは思っていなかった。

 ストレートの球速は最高でも140キロ台前半で、130キロ台も珍しくない。つまり、球速は遅いのだが、多彩な変化球を操り、低めへの制球力に優れたいわゆる技巧派左腕。それでいて、なんといっても目を引くのが、かつての千葉ロッテのエース・成瀬善久を彷彿させる独特の投球フォーム。出身高校も成瀬と同じ名門・横浜高校だから、まさに成瀬2世といった感じである。

 この伊藤の活躍により阪神の先発投手陣はより充実した。エース右腕の西勇輝、サイドスローの青柳晃洋、精密機械の秋山拓巳、技巧派外国人のガンケル。ここまで4人が盤石で、残る2席をベテラン技巧派左腕のチェン・ウェインや、技巧派ルーキー左腕の伊藤将司が担っているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

もっと見る