稀勢の里こだわり故郷・茨城で独立も…「遠方部屋」の吉凶

公開日: 更新日:

 27日、日本相撲協会の理事会で荒磯親方(34=元横綱稀勢の里)の独立が承認された。序二段1人、序ノ口3人の内弟子と行司1人を引き連れ、8月1日に田子ノ浦部屋から正式に独立する。場所は茨城県南部の阿見町とみられる。

 この場所を選んだ理由は2つ。荒磯親方の出身は茨城県牛久市。新部屋を創設する阿見町は牛久市に隣接しており、故郷に相撲部屋を持つという自身の願いからだ。

 さらに荒磯親方は「広い部屋を持ちたい」という願望もあった。引退後は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に入学し、相撲部屋経営を勉強。「新しい相撲部屋経営の在り方」という修士論文も書いている。従来の伝統にとらわれず、「2面の土俵」「トレーニングルームやミーティングルーム」にこだわり、資金的に都心では確保が難しい広い土地が必要だったのだ。

■出稽古に行く部屋が近場にないのはネック

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る