朝乃山と共にキャバ 相撲記者は力士顔負けごっつあん気質

公開日: 更新日:

 これではどっちもどっちだ。5月場所直前のキャバクラ通いがバレて途中休場した大関朝乃山(27)。当初は協会の調査に「事実無根」とウソをついており、厳罰は免れないだろう。

 しかし、朝乃山とキャバクラに同席していたというスポーツ紙記者もある意味では“同罪”だ。今回の不祥事を報道した週刊文春によれば、この記者は「おまえら週刊誌だろ! こっちは素人じゃねえんだよ」と、文春の記者を恫喝。この記者と朝乃山、どちらがキャバクラに誘ったかは定かではないが、大関の放蕩を止めるどころか一緒に遊び歩いていたのだから。

 しかも、文春で証言したキャバクラ関係者の話では、飲食の支払いは朝乃山持ちだったという。「この記者だけじゃない。相撲記者の『ごっつぁん体質』は角界でも有名だよ」とは、あるタニマチ筋だ。

「もちろんマトモな記者も多いけど、力士や親方を金づると思っている記者もいる。例えば、取材を通じて知り合った企業の社長などをタニマチとして力士に紹介する。つまり、『世話をしてやっているんだから力士にはおごってもらって当然』と思ってしまう。朝乃山と一緒に遊んだ記者も、以前は貴景勝にべったりで、本場所中も繁華街に連れ回していたという。貴景勝の周囲が『夜遊びばかりしていると成績が下がるぞ』と忠告し、貴景勝もその記者と距離を置くようになったようだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る