照ノ富士の反則負け 伊勢ケ浜親方が覚えた苦渋の場内説明

公開日: 更新日:

 師弟揃って「なんでこんなことに……」という心境ではないか。

 初日から唯一の10連勝と独走していた大関照ノ富士(29)が19日、まさかの「反則」で黒星を喫した。

 相手はこれまで12勝3敗と合口のいい妙義龍。まわしこそ取らせてもらえなかったものの、腕をきめて左手で小手投げ。つんのめりながら踏ん張る妙義龍の頭部を押さえ込み、土俵に転がした。

 しかし、ここで審判団から物言い。照ノ富士が不安そうに協議を見つめる中、審判団が土俵下に戻ると、マイクを持ったのは審判部長を務める師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)。「照ノ富士がまげを掴んで引っ張っており、反則として妙義龍の勝ちとします」とのアナウンスに、国技館はどよめきに包まれた。

 照ノ富士にすれば、完全に勝っていながら自身の不注意で喫した初黒星。次の一番が結びのため、花道を下がることもできず、負け残りで土俵下に残る羽目に。終始憮然とした表情だったのも無理はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る