体操・内村航平の五輪内定に組織委や推進派ニンマリのワケ

公開日: 更新日:

 6日、鉄棒の内村航平(32)が15.100点で2位となり、個人枠での東京五輪代表入りを決めた。会見では開口一番「ダメです」と苦笑いを浮かべ、反省の言葉を口にした「体操キング」の五輪出場内定は、本人以上に組織委や五輪推進派が大喜びしているのではないか。

 内村は昨年11月の五輪テスト大会時に当時の森組織委会長や小池都知事、橋本五輪担当相(現組織委会長)らの前で、「(五輪が)できないじゃなくて、どうやったらできるかをみんなで考えて、そういう方向に考えを変えてほしい」と話し、波紋を呼んだ。内村はアスリートとしての率直な思いを表現したわけだが、以降、小池都知事や橋本会長が事あるごとにこの発言を利用。IOCのバッハ会長までもが、昨年11月の森前会長との合同記者会見で、内村の名前を出したほどだった。内村は自身の発言が政治家や権力者に都合よく使われたこともあってか、その後は五輪開催の是非について語らなくなった。

 もっとも、組織委や五輪推進派にとって内村は、五輪開催を訴えてくれた強力な“援軍”。人気や話題性もある内村の五輪内定は、開催への追い風になると考えていても、何ら不思議ではない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…