朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

公開日: 更新日:

 この師匠にしてこの弟子あり、だ。

 11日の臨時理事会で6場所出場停止処分となった大関朝乃山(27)。さらに師匠の錦島親方こと元大関朝潮(65)の退職も決定した。

 緊急事態宣言下の5月場所前、キャバクラに何度も通った大関も大関だが、師匠の錦島親方も同じく飲み歩いていたのだから、とんだ「ダメ師弟」である。

 錦島親方は5月場所中、母校近大の関係者と飲みに行くなど、弟子に車いすを押させて複数回、居酒屋などで酒を飲んでいたという。

 角界では「どこか抜けたところがある」と苦笑いされていた錦島親方だが、朝乃山のキャバクラ通いが発覚した直後は厳しい態度を取っていた。

 評論家を務める日刊スポーツ紙の5月22日付けの「大ちゃん大分析」でこう綴っていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る