“キャバクラ通い”朝乃山は厳罰必至…地位陥落で“心折れ”も

公開日: 更新日:

 5月場所直前のキャバクラ通いを週刊誌にスッパ抜かれた大関・朝乃山(27)。当初は相撲協会の調査に「事実無根」と言い張っていたが、19日の取組後に一転、事実を認めた。緊急事態宣言下の軽率な行動もさることながら、ウソまでついていたことに協会はカンカンだ。昨年7月場所中に何度もキャバクラに通っていた阿炎は、出場停止3場所と減給処分を受けた。大関の地位を考慮すれば、阿炎以上の処分は免れそうにない。最低でも4場所の休場は避けられないとの見方もある。

 そうなると地位は一気に落ちる。今場所は7勝止まりなので、休場一発目となるであろう次の7月場所はカド番。2場所目で関脇、3場所目で幕内下位、4場所目で十両中位程度となるだろう。来年3月場所に復帰できたとしても、その頃には幕下上位にまで落ちてしまう。そこから再び大関を目指すとなれば、かなりの時間が必要だろうが、問題はそこまで本人のモチベーションを維持できるかどうか、だ。ある親方が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る