元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

大迫敬介「積み上げてきたものをピッチ上で表現したい」

公開日: 更新日:

大迫敬介(21歳・サンフレッチェ広島・GK)

「大迫」といえば、半端ないFWの大迫勇也(ブレーメン)が真っ先に思い浮かぶが、東京五輪に挑むU-24日本代表には<もう1人の大迫>がいる。2017年12月のチーム発足時から正GKに君臨してきた大迫敬介だ。

 今回の6月シリーズには、3日のA代表との兄弟対決で前半の45分間プレーしただけだが、森保一、横内昭展両指揮官は長い時間をかけて彼の能力を把握済み。五輪代表枠18人に選出されるの当確と見られる。

「ここまで3年間やってきましたけど、日本を代表して戦うのはやはり特別」と本人も約1カ月後に迫った大舞台に闘志を奮い立たせている。

 もう1人の大迫も出身地は本家同様、鹿児島県だ。1999年7月、出水市に生まれて中学時代まで過ごした。

 2015年の高校入学時に広島ユースに進んだ時点で将来を嘱望される存在となり、トップチームの合宿に帯同した。17歳でプロ契約を締結。18歳になった2018年にトップ昇格を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  8. 8

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  9. 9

    東京五輪に注ぎ込んだカネは3兆円超…閉会後に始まる「不明瞭な会計」への大追及

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る