東京五輪観客数さらなる“上積み”を画策 1万人では済まない

公開日: 更新日:

 政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長が18日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と面会。観客を入れる場合は政府の大規模イベントの人数制限より基準を厳しくし、感染拡大の兆しがあれば無観客に変更すべきだとの専門家有志の提言を伝えた。しかし、五輪強行派は観客を入れての開催に突き進んでいる。

 菅首相は17日の会見でも「有観客」にこだわった。「観客を入れた場合のリスクと安全安心の根拠」について質問されると、「人数を半分以下にする」「観客は常時マスク、大声の応援は禁止」「会場に直行直帰」などの対策を挙げ、観客数は「国内のスポーツイベント等の人数制限の上限が基本」と説明。無観客はハナから選択肢にないのだ。

 東京都などでは緊急事態宣言が20日で解除され、「まん延防止等重点措置」に移行する。期限は来月11日までだ。政府は緊急宣言や重点措置の解除後1カ月を「経過措置」として、スポーツイベントの観客を現行の上限5000人から「定員の50%以内で上限1万人」に増やす方針。明らかに五輪を意識した数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  8. 8

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  9. 9

    東京五輪に注ぎ込んだカネは3兆円超…閉会後に始まる「不明瞭な会計」への大追及

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る