新体操・喜田純鈴 挫折乗り越えクールさと力強さアピール

公開日: 更新日:

 先の新体操(個人)日本代表選考会で東京五輪代表に内定した2人が21日、大会本番で施すメークを公開した。

 新体操日本代表の美容コーチの指導のもと約30分、レフェリーへのアピールにつながる目元などを強調するメークを披露した。

 強化指定選手3人による争いを制して優勝した喜田純鈴(20=国士舘大)は力強さとクールさを表現したそうで「今まで使ったことのないアイシャドーなので新鮮。五輪に向かって進んでいるなという気持ちになりました」と話した。

1日12時間にも及ぶ猛練習

 喜田は新体操選手だった両親の影響から4歳で競技を始め、中1で出場した2013年の全日本選手権個人総合2位、種目別フープとクラブで史上最年少優勝。将来を嘱望され、新体操の本場ロシアへ武者修行に出た。が、現地での生活、特に食事に馴染めず、腰を剥離骨折したこともあり18年、志半ばにして帰国した。

 地元・香川に戻ってからは幼少期に指導を受けた中国出身の劉宇コーチに師事し、長いときで1日12時間にも及ぶ猛練習で演技を磨いてきた。

 新メークで臨む五輪本番は1984年ロス五輪で8位に入った山崎浩子(現強化本部長)以来の入賞を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る