巨人中川が登録抹消…セ逆転Vと五輪金に黄信号のWショック

公開日: 更新日:

 巨人中川皓太(27)が22日、左背部の痛みで登録を抹消された。左脇腹痛を訴えた昨年10月以来、今季は初の抹消となった。

 中川は勝ちパターンのセットアッパーとしてチーム最多の32試合に登板し、2勝2敗1セーブ、防御率3.52。原辰徳監督(62)が最も頼りにするリリーフ投手で、交流戦中は天敵ソフトバンク戦で回またぎ登板を敢行。3連戦3連投を含む4試合連続登板など、相手の打順が上位のイニングを中心に終盤の最も厳しい場面でフル回転してきたツケが回った形だ。

 原監督が3度目の就任となった2018年オフ、真っ先に終盤のリリーフ陣を整備し、中心に据えたのが中川だった。19年は67試合に登板。19、20年のリーグ連覇を支えた左腕だけに、原監督は「少し時間がかかるでしょう」と表情を曇らせた。主将の坂本が離脱した時と同様の痛さかもしれない。ソフトバンクの守護神として07年にパ・リーグのセーブ王に輝いた馬原孝浩氏(現トレーナー)は「左背部といってもいろいろありますが、例えば広背筋なら疲労がたまりやすいなどの理由が考えられます。中川投手はここ数年、登板数も多いですから、勤続疲労の可能性もあります」とした上で、こう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る