楽天・田中将大“のらりくらり技巧”で「球界最高年俸9億円」同僚の心境は…

公開日: 更新日:

 それなりにゲームはつくった。

 23日、楽天田中将大西武戦に先発。チームの連敗を7で止める3勝目を挙げたとはいえ、6回4失点が示すように内容が良かったわけではない。

 初回、二回に失点し、この2イニングだけで56球。四回にも西武の下位打線に打たれて2点を失うなど、6回で111球も費やした。

 オフに7年過ごしたヤンキースから古巣に移籍。年俸9億円プラス出来高の2年契約を結び、楽天ファンを喜ばせた。

 もっか3勝4敗、防御率3.18。勝敗は打線の援護次第で一概に論ずることはできないにしても、2013年に24勝を達成した往時の姿と比べてしまうと、肝心の投球は物足りないものがある。

 評論家の山崎裕之氏は「でも、これが今の田中でしょう」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る