石見智翠館2大会連続甲子園出場へ 強さの秘密は「PL学園&大阪桐蔭」方式

公開日: 更新日:

 石見智翠館(島根)が2大会連続11度目の夏の甲子園出場を決めた。

 自慢の強力打線は、一、二回に1点ずつを奪うと、五、七、八回に追加点を挙げて8得点。投げては最速143キロ右腕のエース山崎が、15奪三振でノーヒットノーランを達成した。

 今大会は4試合に登板し、23回無失点の安定感を見せた。決勝までの3試合は8点差以上の大差だった。

 末光章朗監督は大阪のPL学園出身。立浪氏(元中日)らの1学年後輩で宮本氏(元ヤクルト)は同級生だ。石見智翠館の野球部関係者がこう明かす。

「例えばティー打撃のトスを上げるとか、先輩の自主練習を後輩がサポートする。その中で『変化球はどう打てばいいのでしょうか』といった後輩の悩みを先輩が聞いて教える。そんな自主練の『PL文化』を引き継いでいる。昔のPLの寮は1、2、3年生が同部屋だったみたいだけど、石見智翠館の寮の部屋は学年ごと。末光監督はPLの古き良きものと悪しき伝統を取捨選択しているのです」

 外部からの情報を遮断し、野球に集中させるため、携帯電話は禁止。家族には公衆電話から決められた時間に電話をかけないといけないという。今時珍しいが、これは絶対的強さを誇る大阪桐蔭と同じルールである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた