【空手】空手界のプリンス西村拳は残り0秒で大逆転負け…敵の母をもメロメロにする“美容男子”の一面が

公開日: 更新日:

 メダルの有力候補と期待された、空手男子75キロ級の西村拳(25)にまさかの結末が待っていた。

 2勝1敗で迎えた予選ラウンド4戦目。ハンガリーのハルシュパタに対して1-0とリードして迎えた最終盤、終了のブザーと同時に繰り出したハルシュパタの左上段蹴りが1本と判定された。勝てばメダルが確定する試合で、それをほぼ手中に収めながら、1-3の大逆転負け。「自分を殴ってやりたい」。西村は呆然と言葉をしぼり出すしかなかった。

 組手70キロ級で数々の国際大会を制してきた空手家の父を持ち、3人兄弟の末っ子として福岡県福岡市に誕生。中学までを地元で過ごし、進学先を宮崎第一高校に選んだ。

 ナショナルチームや全国大会などの接点で中学時代から現在も西村と付き合いがある今尾光さんが「彼はかなりの綺麗好きでした」と、当時をこう振り返る。

「昔からどれだけ汗をかいても臭いなんてことはなく、常に柔軟剤の香りが漂っていました。眉毛も髪もキチンと整えていたし、洗顔などにもこだわりがあった。ニキビもなく、爽やかという言葉がピッタリでした。それでいて、中学時代から世界大会に出ているほど実力があるから、日本中の高校から声が掛かっていました。引く手あまただったこともあり、宮崎第一高を選ぶ際は同校の空手道部で禁止されていた『携帯使用』『眉毛加工』などを認めるよう求めたと聞いています(笑い)。だからケンの影響で他にも色々と規則が緩くなったんだとか」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?