阪神奇跡の逆転Vへ 怪物新人・佐藤輝明の復活がヤクルトに与える「重圧」

公開日: 更新日:

 ここにきての「復活」は優勝を争うヤクルトにとっても、プレッシャーになるのではないか。

 阪神佐藤輝明(22)が24日の広島戦で8月19日以来の24号3ランを放ち、勝利に貢献した。

 打った瞬間、それとわかる当たりだった。相手先発の九里の速球をとらえると、右翼席へ特大のアーチ。これで気持ちが吹っ切れたのか、第4打席にも、これまで多くの三振を喫していた外角低めの変化球にアジャストし、痛烈なライナーで右前に運んだ。

 スランプの間、タイミングの取り方に苦心してきた怪物新人だったが、ここにきて復調の兆しが見えてきた。今季、阪神が好スタートを切れたのは、佐藤輝の存在があってこそ。調子を落とした7月以降、チームもそれに合わせるかのように貧打に悩み続けた。矢野監督は、9月10日に二軍降格を決断した際はじっくりと鍛え直す方針だったが、同23日に急きょ一軍へ呼び戻したのはリーグ優勝を果たすために欠かせない存在とみていたからだ。

 シーズンは泣いても笑っても残り1試合とはいえ、ポストシーズンも見据えれば、佐藤輝が以前と同様に5番、6番を担えば、打線はさらに活発になる。近本、大山の体調が万全ではないだけに、矢野監督にとっても佐藤輝の復活は喉から手が出るほど待ち望んでいたことだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗