岡崎朋美
著者のコラム一覧
岡崎朋美長野五輪メダリスト

1971年、北海道清里町出身。94年リレハンメルから98年長野、2002年ソルトレークシティー、06年トリノ、10年バンクーバーと日本女子最多の冬季五輪5大会出場。長野で日本女子短距離選手初のメダル(銅)を獲得した。07年に結婚、10年12月に女児を出産。14年ソチ五輪代表入りを逃し、現役引退。20年マスターズ国際スプリントゲームズで世界新記録を更新して金メダル獲得。現在は全国各地で講演会を行う。聖徳大学客員教授。日本学生陸上競技連合理事

<5>初の海外合宿を前に先輩がズッコケた「パスポートってなんですか?」

公開日: 更新日:

 連日、眞子さんと小室圭さんの結婚の話題が報道されている。ニューヨークでの新生活に向けて、国際免許取得とパスポートやビザの手続きをしているらしい。

 そんなニュースを見ていて思い出すのは、初めて海外に行ったときのこと。私は社会人として富士急行に入社するまで外国はおろか北海道から本州に出たのも人生でたった2回だけ。もちろん、パスポートなど作ったことがない。

 あれは、社会人となって初めて北海道を出た入社1年目の夏だった。会社恒例の夏合宿でカナダのカルガリーに行くという。会社の先輩に「パスポート持っているの?」と聞かれた私はこう答えた。

「パスポートって何ですか?」

 先輩はズッコケて、「それがないと海外に行けないんだよ」と教えてくれた。

 監督にも「どうやって取るんですか? 警察署?」と聞くと「アホか」とツッコまれた。

 当時は車を持っていなかったし、携帯電話もない。北海道から出てきて土地勘もなく、めちゃくちゃ不安な気持ちでバスに乗って甲府のパスポートセンターまで行った記憶がある。慣れない場所だったので、すでに“外国”にいる気分だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  2. 2
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 3
    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  4. 4
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  5. 5
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

  1. 6
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 7
    趣里はスズ子で好感度爆上がりも…朝ドラ「ブギウギ」撮了後の次回作が俳優人生を左右する

    趣里はスズ子で好感度爆上がりも…朝ドラ「ブギウギ」撮了後の次回作が俳優人生を左右する

  3. 8
    吉田羊がジャニーズとの“雪解け”で完全復活 Hey! Say! JUMP中島裕翔の“合鍵愛”から7年

    吉田羊がジャニーズとの“雪解け”で完全復活 Hey! Say! JUMP中島裕翔の“合鍵愛”から7年

  4. 9
    大阪万博準備の“ないない尽くし”パビリオン設計者が明かす…「強行なら能登復興の足かせに」

    大阪万博準備の“ないない尽くし”パビリオン設計者が明かす…「強行なら能登復興の足かせに」

  5. 10
    迫る史上最高値更新…新NISA高配当銘柄の注意点 “あおぞら銀ショック”が初心者を襲う

    迫る史上最高値更新…新NISA高配当銘柄の注意点 “あおぞら銀ショック”が初心者を襲う