日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

公開日: 更新日:

 日本ハムの沖縄キャンプ開始まで約1週間。新庄剛志監督(49)は臨時コーチとしてタレントの武井壮や青学大陸上部の原晋監督ら各界のスペシャリストを招く方針を示すなど、“新様式”のキャンプが迫る中、最も注目を集める選手のひとりが清宮幸太郎(22)だ。

 昨秋のキャンプで新庄監督からダイエットを課せられると、約2カ月で10キロも減量。今オフはソフトバンク柳田悠岐(33)に弟子入りしたものの、自主トレ中にコロナに感染。二軍メンバーが中心の国頭スタートとなった。プロ5年目の今季は勝負の年になるが、「ただでさえ課題が多い中、出遅れは必至です」と、球団OBはこう語る。

■取捨選択する能力に欠けている

「彼は情報を取捨選択する能力に欠けているところがある。入団してからというもの、球団外からも多くの指導者が清宮に口を出した。その人たちの言うことを何でも取り入れようとして、スイングがグチャグチャになりました。ひとつのことに腰を据えて取り組むこともできず、すぐに別のことを取り入れようとする傾向がある。『自分のスイングはコレ』という芯がまだ定まっていないのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?