日ハム清宮に必要なのは“お坊ちゃん”の意識改革…超人・SB柳田の打撃完コピは不可能だ

公開日: 更新日:

 12日、日本ハム清宮幸太郎(22)が自ら直訴して実現したソフトバンク柳田悠岐と行う自主トレを公開。柳田から、「責任取れんという感じ」と苦笑いを浮かべつつも「日本を代表する打者になってもらわないと困る選手」と激励された清宮は、「ガラッと環境を変えてやりたいと思った。柳田さんの前で一発かましたい」と意欲満々。トレーニングはもちろん、柳田から打撃論を聞いたり、自身の考え方などを相談。オフに手に入れたという「シークエンスバット」なる特殊なバットで打撃練習にも取り組むなど、プロ5年目シーズンに向けての準備を進めている。

 昨年の秋季キャンプでは新庄監督から減量指令を受け、100キロ超あった体重の大幅減量に成功。動きやすさや疲労軽減の効果を実感しているようだ。日本ハムOBは、「トップ選手である柳田に師事することで、さらなる意識改革に期待したい」と、こう続ける。

「打撃についてはともにアッパー軌道のスイングで似ているとはいえ、独特の打撃理論を持つ柳田のマネはできるものではない。むしろ、球界トップクラスの練習量と意識の高さを持つ柳田の姿勢をいかに吸収することができるか。同い年のヤクルト村上は、1年目のオフに先輩の青木と自主トレ。技術や野球への取り組み方などさまざまなことを学び、2年目の飛躍につなげた。オフは明確なテーマがなければ漫然と過ごしがち。清宮はお坊ちゃん気質もあって、自分自身への厳しさが足りないから、なおさらです」

 昨季は初めて一軍出場ナシに終わった。カラダを絞っただけでなく、「柳田イズム」の注入でアタマも鍛えられれば言うことナシだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

  3. 3
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  4. 4
    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

  5. 5
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  1. 6
    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

  2. 7
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  3. 8
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  4. 9
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  5. 10
    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方

    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方