札幌市民の過半数が反対でも止まらない…「2030年冬季五輪」招致活動の能天気

公開日: 更新日:

「招かれざる大会」がまた開催されるのか。

 10日、「北海道・札幌2030オリンピック・パラリンピック プロモーション委員会」の第1回会議が札幌市内で開かれた。同委員会の最高顧問にはスポーツ議連会長を務める麻生太郎氏を据え、会長代行には日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(64)が就任。オンライン参加も含め、各界の有識者が約2時間意見を交わした。

 お歴々は、1972年以来の2度目の札幌五輪開催にやる気満々だが、国内での「五輪アレルギー」は依然として根強い。

 大きな要因は莫大な大会経費だ。昨年11月に札幌市が発表した大会概要計画では、開催経費を2800億~3000億円と見積もっていたが、こんなものはアテにはならない。同12月、東京五輪・パラリンピックの開催経費は1兆4530億円になる見通しだと大会組織委などが発表したが、これは招致時の約2倍の金額だ。現在はロシアのウクライナ侵攻により世界情勢は不安定で、世界のコロナ感染も収束していない。東京五輪の経費の検証なども終わっていないのに、「30年五輪も、ぜひ札幌で」というのだから常軌を逸している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

  2. 2
    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

  3. 3
    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

  4. 4
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  5. 5
    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

もっと見る

  1. 6
    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

  2. 7
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  3. 8
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 9
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  5. 10
    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮