松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

中日・根尾、日本ハム上原、日体大・矢沢…後出し感満載の「二刀流バーゲンセール」

公開日: 更新日:

 ここへきてプロ野球は「二刀流」の花盛り。

 メディアが面白がって「二刀流」と書き立てるが、当の本人は少し迷惑顔、ということが多かったが、最近は球団に「二刀流で行くからな!」と言われて本人もまんざらでもなさそうな選手も出てくるようになった。

 元来おじさんは平和主義者だから、「二刀流」という名前を好まない。刀は人殺しの道具だしな。そこで英語を調べた。

「テンツールプレーヤー」

 長打も打てる、単打も打てる、盗塁もできる、守備力がある、強肩でランナーを刺す、投手として剛速球を投げ、三振に切って取る、頭が切れる、誰からも愛される、磨けば磨くほど研ぎすまされる「10ツール」。

 日本語にて表記するなれば「十徳ナイフ」。

「じっとくないふってジッとしてない選手スカ?」知らん!

 オレゃ「天ツルプレーヤー」で覚えやすかった。てめえの顔を鏡で見ればいい。こいつぁ忘れようがない。

「ゆ~ちりちいプレーヤー」とも言う。鏡を見てもピンとこないんで覚えにくいヒトは、「一番湯に入って肌がチリチリするようなプレーは嫌ぁぁ」と覚えればよい(少し無理があるが……)。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾