堂安律に独フライブルク移籍秒読み報道 見え隠れするW杯代表滑り込みの皮算用

公開日: 更新日:

 オランダ1部PSVアイントホーフェンに所属する日本代表MF堂安律(24)の「ドイツ移籍」が秒読み段階に入った。

 6月30日、オランダ、ドイツのメディアが「堂安のドイツ1部フライブルク移籍が基本合意に達した」と一斉に報じたのである。

 2021-22年は、PSVの主軸としてリーグ24試合出場・8得点。その前のシーズン、レンタル移籍先のドイツ1部ビーレフェルトで活躍したこともあり、今オフのドイツ移籍が噂されていた。

「堂安サイドの、11月開幕のカタールW杯の日本代表メンバー入りをより確実にするためにドイツへ移籍する、という皮算用が見え隠れします」とサッカー関係者がこう続ける。

森保ジャパン発足当時は攻撃の核として期待され、21年東京五輪でも主軸を務めた。でもA代表では結果を残せず、3月のW杯最終予選残り2試合招集外という屈辱を味わった。それでも6月の代表4連戦では献身的な守備も披露し、当落線上から序列がアップしたともっぱら。堂安としては代表入りへダメ押ししたいところです。日本代表は、W杯本大会のグループリーグ初戦で優勝候補ドイツと対戦。堂安としては、ドイツでプレーすることでドイツ選手との戦い方、駆け引きなど体感して代表にフィードバックすると首脳陣にアピールするつもりでしょう」

 来季ドイツ1部は8月5日に開幕。昨季6位のフライブルクは、ELにも出場する。ELでも好パフォーマンスを発揮すれば、森保監督への猛アピールになるのは言うまでもない──。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍