浅田真央が盛況アイスショーで見せる「やり手プロデューサー」「実業家」の顔

公開日: 更新日:

 実業家が板についてきた。さる5日、フィギュアスケート女子2010年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(31)が自らがプロデュースしたアイスショー「BEYOND」の開催発表会見に登壇。「ゼロから私自身が作り上げてきました」と座長のプライドをのぞかせた。

 現役を退いたトップスケーターの多くは解説者やタレント業をこなしながらアイスショーを生業にする。しかし、17年に現役引退した浅田はこれまで、解説者としての仕事を断り続けている。

 18年の平昌五輪前にはテレビ各局から解説者や番組出演の依頼が殺到したが、引退ツアーの準備を理由に五輪関連の仕事を一切受けず、今年2月の北京五輪でも解説者のオファーを受けることはなかった。かつて「喋ることが得意じゃない。人のことを話すと心の中でストップがかかる」と選手の評価をすることへの抵抗を口にしていたこともあった。

「ドラマ出演のオファーがあったときも、『ストーリーが自分に合わない』と言ってNGを出したことがありました。それだけ、浅田真央というキャラクターのイメージ戦略がしっかりしているということ。周囲の大人たちの意向もあるようですが、セルフプロデュースに関しては本人もかなりこだわりが強いようです。妥協を許さないタイプで、引退後に3年に渡って行った『サンクスツアー』では、出演するスケーターたちが自分の思い通りに動かないことに苛立ち、涙を流しながら“説教”する一幕もあった」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず