大谷放出にエ軍オーナーが二の足踏む「本当の理由」 “二刀流”の宣伝効果絶大で球団ガッポリ

公開日: 更新日:

 日本時間8月3日のトレードデッドラインが目前となり、エンゼルス・大谷翔平(28)の周囲が騒がしくなってきた。

 大リーグ公式サイトのジョン・ポール・モロシ記者は24日、複数の球団から大谷のトレードを打診されたが「エンゼルスはトレード期限までにスーパースターを放出する考えを持っていない」と報じた。

 現地の複数の情報を総合すると、大谷について他球団からの問い合わせが殺到したものの、ペリー・ミナシアンGMは二刀流の去就に関して一切、返事をしていないのだという。

 ここにきて、フロントも慌ただしくなっており、ミナシアンGMは連日のように編成スタッフとの会議や打ち合わせを頻繁に行っている。25日までの敵地アトランタでのブレーブス戦は普段、遠征に帯同しないジョン・カルピーノ球団社長が視察。現地では「ブ軍フロントとの間でトレード交渉が行われたのではないか」とまことしやかにささやかれた。

■エンゼルスにとっては「金のなる木」

 依然として、二刀流のトレード話が絶えない中、地元紙ロサンゼルス・タイムズは22日、球団ビジネスに欠かせない存在だけに放出はあり得ないとの見方を示した。記事ではエ軍のマーケティングに詳しい関係者の話として「球団は年間約1000万ドル(約13億7000万円)にのぼる大谷関連の収入を手放すことに消極的だ」という。

 エ軍にとって大谷は確かに金のなる木ではある。2018年に入団して以降は日系企業によるスポンサーが増加。今季から航空関連企業とゲームメーカーの2社が新たに加わり、エンゼルスタジアムに看板を出している日系企業だけでも10社近くにのぼる。

 大谷の効果は絶大なのだろう。今年3月に米経済誌フォーブスが発表した大リーグ球団の資産価値によれば、エンゼルスは約3000億円で9位。大谷関連の広告収入などが伸びたこともあり、観客動員は芳しくないものの、昨年の約2760億円から大幅にアップした。アーティ・モレノ・オーナーら経営陣は、投打の二刀流で戦力として期待できるうえ、球団に莫大な利益をもたらす大谷を手放したくないようなのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?