伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

公開日: 更新日:

 女子テニスの東レ・パンパシフィックオープン出場中の大坂なおみ(世界ランク48位)。すでに4大大会を4度(全豪2、全米2)も制しているが、11日に閉幕した全米オープンは初戦で敗退。その際、大先輩の苦言がテニス界で話題になった。

 大先輩とは、全豪、全英、全仏でベスト4に進んだ実績を持つ、元世界4位の伊達公子氏だ。大坂の試合を観戦した同氏は9月1日、自身の公式ブログで、負けた直後に会場のスクリーンに映し出された自分の姿を携帯で撮っていた行動が気になったという。

「私自身が選手だった時、負けた時は1秒でも早くコートを後にしたいという気持ちだった(中略)同じ日、ビーナスは1回戦で負けた後、ラケットをラケットバッグにも入れず、手に持ったまま早々とコートを後にした。この2人の取った行動の違い。私はビーナスのその姿があったから、大阪選手に違和感を感じてしまったのかもしれない。選手たちは負けた時、悔しくて自分を責める言葉が脳裏に繰り返し出てくる。どうしてそんな状況の時にスタジアムのスクリーンに写り出されている自分を携帯で撮ろうという気持ちになれたのか?そこには何か意図があったのか??大坂選手には、もっとグランドスラムで優勝できる力がある。世界のトップを走り続けるためには、もっとオンコートで貪欲になってほしい」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景