大鵬に勝った佐田の山の自負と屈辱「俺だって横綱だ。インタビューされる覚えはない」

公開日: 更新日:

 NHKがどうしてもインタビュールームに呼ぶなら、せめて「かち上げが効きましたね」とでも切り出せばいいのに。大関経験者の高安が、転落後に大関を破ったのは九州場所3日目の貴景勝戦で、もう7度目。「おめでとうございます」で始まるインタビューはどうかと思う。

 1966年秋場所14日目、佐田の山が横綱同士の大熱戦で大鵬に勝った。当時は民放も放送しており、支度部屋へ戻るとマイクを向けられた。

「おめでとうございます」「ばか野郎。俺だって横綱なんだよ。インタビューなんてされる覚えはない」

 この一番、佐田の山は優勝が懸かっていたわけではないが、前場所まで大鵬に4勝22敗。しかもこの時の大鵬は2度目の6連覇の4場所目だった。

 後年、「私も口が悪いからあんなことを言ってしまった。何とか大鵬に勝たなければと思っていたから、横綱を務められたんだ」と述懐したが、勝負直後で気が立っていたのも無理はない。

 昭和最後の取組となった88年九州場所千秋楽では、大乃国(現芝田山親方)が千代の富士の連勝を53で止め、日本中が大騒ぎになった。

 大乃国は穏やかに取材を受けたが、「相撲全体の雰囲気が千代の富士関の連勝だけという感じになって、自分はその陰にすっぽりと隠れてしまっていた」と語り、ここまで連勝を許したことに対する、同じ横綱としての責任も口にしている。

 佐田の山も大乃国も、優勝でもないのに横綱同士の対戦に勝って騒がれることへの、じくじたる胸中が違う形で表れた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木福クンが一流大学合格で高学歴タレントの仲間入り! 元天才子役が歩く明るい未来

    鈴木福クンが一流大学合格で高学歴タレントの仲間入り! 元天才子役が歩く明るい未来

  2. 2
    俳優・渡辺徹さんはわずか8日で急逝 「食中毒」には命を落とすリスクが…他人事ではない!

    俳優・渡辺徹さんはわずか8日で急逝 「食中毒」には命を落とすリスクが…他人事ではない!

  3. 3
    ティアラの怒りの矛先は永瀬廉に…SMAP解散時のキムタクを彷彿とさせる一部アンチの暴走

    ティアラの怒りの矛先は永瀬廉に…SMAP解散時のキムタクを彷彿とさせる一部アンチの暴走

  4. 4
    森保監督と代表選手が手にするボーナスいくら? W杯16強終戦もドイツとスペイン破る快挙

    森保監督と代表選手が手にするボーナスいくら? W杯16強終戦もドイツとスペイン破る快挙

  5. 5
    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    FA近藤健介に大型契約の重圧…ソフトB「6年35億円規模」に日本ハムも条件上乗せ対抗

    FA近藤健介に大型契約の重圧…ソフトB「6年35億円規模」に日本ハムも条件上乗せ対抗

  3. 8
    “脱いだらすごい”女子ゴルファー小澤美奈瀬を直撃!「母に洋服の面積を心配されたけど…」

    “脱いだらすごい”女子ゴルファー小澤美奈瀬を直撃!「母に洋服の面積を心配されたけど…」

  4. 9
    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

  5. 10
    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀