小祝さくらが地元・北海道で今季初V! 全米女子オープンの“裏試合”うれしい大誤算

公開日: 更新日:

【ミネベアミツミレディス北海道新聞カップ】最終日

 今季のツアーを盛り上げる人気選手や世界ランク上位陣は同時開催の全米女子オープン参戦で欠場したが、スポンサーにとっては大団円だったに違いない。

 通算12アンダーで逃げ切り優勝の小祝さくら(25)は北海道出身。3打差2位の菊地絵理香(34)は大会のホステスプロで、通算6アンダー5位の宮沢美咲(20)とともにご当地出身。この3人が初日から最終日まで同組で回った。

 ある大会に協力している関係者が言う。

「主催者や協賛会社は契約プロが自社の大会で活躍することを願うものですが、昨季の古江(彩佳)のように所属企業の大会で優勝する選手は珍しい。あの試合は最終日18番の逆転劇による連覇。主催者にとって最高の展開でした。一方で、先月の渋野(日向子)みたいに、所属先の大会に出場して予選落ちするケースもある。

今大会は今季から協賛会社がニッポンハムからミネベアミツミに代わったというのに、旬の選手は全米女子への出場者が多く、大会の注目度が懸念されていたはずです。ところが、2日目まで菊地が首位を守り、若い宮沢も3日目まで優勝争いに加わった。最後は『地元の北海道で勝ちたい』という小祝が優勝。主催社(北海道新聞)と特別協賛企業(ミネベアミツミ)にとって、これほど実りのある大会になったのはうれしい誤算だと思いますね」

 ちなみに女子プロの今季の前半戦はこれで終了。1週休んで20日から後半戦に入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う