羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

全米女子OP会場ペブルビーチの難易度 グリーンが小さく「曲がらない」ポアナ芝に気が抜けない

公開日: 更新日:

 今週は全米ゴルフ協会(USGA)が主催する海外メジャー「全米女子オープン」が6日に開幕します。

 日本勢は歴代チャンピオンの笹生優花をはじめ、LPGAツアーを主戦場に戦う古江彩佳畑岡奈紗渋野日向子勝みなみ西村優菜。さらに世界ランク75位内の山下美夢有西郷真央岩井千怜吉田優利。それに国内予選会を通過した5選手に全米アマ覇者の馬場咲希ら、プロアマ総勢22選手が出場します。

 多くの選手が渡米するのも、海外で戦う日本選手が毎週のように上位争いを演じており、国内組にも「私も」という意欲が高まり、いい影響を与えているからでしょう。飛距離も海外選手と比べて差がなくなり、高いレベルの中でどれだけ戦えるか、と前向きです。ファンには目が離せない大会になるはずです。

 ただ、海沿いに広がる会場のペブルビーチゴルフリンクスとUSGAのタフな設定には戸惑うかもしれません。世界でも有数の美しい人気リゾートコースですが、グリーンは小さく、アイアンの精度がしっかりしてないとスコアメークにも苦戦します。そのうえグリーンのポアナ芝も難敵です。

 国内なら傾斜なりにカップインするラインでも、ポアナ芝は芝目が立っており、カップ際で曲がらずに真っすぐ抜けてしまうなど1、2メートルのショートパットでさえ気が抜けません。

 さらに強い海風が吹くことでも知られ、粘りのある深いラフに曲げたらグリーンをとらえるのは至難の業です。グリーンを外した時に寄らないピンもあり、マネジメントをしっかり決めて、早くグリーンに慣れることが肝心でしょう。

 海外メジャーでプレーすれば、世界での立ち位置がわかり、将来に向けた課題が明らかになるなど収穫は多い。過酷なプレーを強いられるかもしれませんが、プロとして大きく成長するチャンスともいえます。日本選手が本場メジャーでどのように戦うのか、とても楽しみです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ