羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

今季の注目は「海外で勝つ日本人プロは誰か」 優勝に近づくには「3つの条件」がある

公開日: 更新日:

 米PGAツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」は、20歳のアマチュア、ニック・ダンラップ(米国)が通算29アンダーで優勝。1991年のフィル・ミケルソン以来の快挙に驚かされましたが、ウッズと同じく全米ジュニアと全米アマの2冠を達成している実力者。アラバマ大の2年生でプロ転向の時期は未定ですが、楽しみな選手です。

 楽しみといえば、今年は海外でプレーする「日本勢」が多い。米ツアーメンバーになった久常涼は、2戦目はトップに6打差の11位タイとまずまずでした。欧州ツアーには、星野陸也金谷拓実に加え、昨季国内賞金王の中島啓太も参戦します。先週のアジアンツアー最終予選会では、単独2位の生源寺龍憲ら5人が出場権を獲得しました。

 一方、米女子ツアーの開幕戦は過去2年のツアー優勝者(35人)が出場し、古江彩佳が通算8アンダーの4位と好スタートを切りました。ルーキーの稲見萌寧は19位、畑岡奈紗は22位。次戦には西郷真央が参戦予定で、やがて、笹生優花西村優菜勝みなみ吉田優利渋野日向子もやってきます。

 インターネットが普及する前に米ツアーに参戦する際は、「1年目は移動手段と宿の確保を覚え、2年目は言葉や食事に慣れる。ゴルフに集中できるのは3年目」といわれたものです。近年、米女子ツアーに挑戦する選手は国内で実績のある者ばかり。事前の情報収集も30年前とは雲泥の差です。ルーキーイヤーに初勝利を挙げた古江のように、稲見や西郷らがいきなり勝っても不思議ではありません。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ