元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

公開日: 更新日:

 これは理事から理事長への階段を上がりたい宮城野親方(38=元横綱白鵬)にとって大きな痛手になる。

 日本相撲協会のコンプライアンス委員会が、宮城野親方の委員から年寄への2階級降格と減俸の処分案をまとめた。弟子の幕内北青鵬(22)が同部屋の後輩力士に繰り返し暴力を振るっていたことが判明し、親方としての監督責任を問われたのだ。

 当の北青鵬は引退勧告が妥当とされ、本人は処分を受け入れる方向らしい。

 21日にコンプライアンス委員会の会合で処分を通告された宮城野親方は、報道陣に対して無言だった。

 2年に1回行われる相撲協会の理事選は今年の1月下旬に行われ、定員の10人が立候補したため3期連続の無投票に。宮城野親方は一時、所属する伊勢ケ浜一門から理事選に立候補するウワサがあったものの、昨年11月の一門会で出馬の意向がないことを明かしていた。

「宮城野親方は将来、相撲協会の理事長になる野望をもっています。そのためにはまず、理事になる必要がありますが、今回は出馬を断念した。所属する伊勢ケ浜一門からは元大関魁皇の浅香山親方が出馬することになっていたし、当選に必要なだけの票を集めることが不可能だと判断したからです。2年後、もしくはその先の理事選に備えるつもりでしょうが、今回の2階級降格は大きな痛手。なにしろ解雇、引退もしくは退職勧告に次いで3番目に重い処分を受けたわけですから、今後に響きますよ」(ある親方)

 そもそも宮城野親方は現役時代から横綱らしからぬ発言や振る舞いが問題視されていた。協会には苦情の電話や投書が山ほど寄せられ、現執行部から注意されたことも数知れず。ただでさえ“問題児”が弟子の監督責任を問われて重い処分を食らったのだから、野望はますます遠ざかったと言わざるを得ない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮