快進撃続くカブス今永に疲労蓄積の深刻懸念…DeNA時代に比べ登板間隔タイト&球数も過多

公開日: 更新日:

 カブスの今永昇太(30)が止まらない。

 日本時間19日のパイレーツ戦は7回を4安打無失点、7奪三振。白星こそ付かなかったが、これで防御率はメジャートップの0.84。規定に達している投手で0点台は今永1人だ。

 開幕から圧巻の投球を続けているものの、不安がないわけではない。

 この日は、2日のメッツ戦に続く今季2度目の中4日。それ以外は中5日が5回、中6日が2回。原則中6日だった昨年までのDeNAと比べ、登板間隔は明らかにタイトになっているからだ。

 ア・リーグのあるスカウトは昨季、今永に関してこんな内容のリポートを球団に送っている。

「イマナガの最大の長所は球のキレだ。8月に4失点、6失点、5失点と精彩を欠いた最大の理由は疲れ。疲労が蓄積されると球のキレがなくなる。なので彼は常にフレッシュな状態で使う必要がある。中5日の登板間隔なら、1試合につき75~80球に抑えるべきだろう」

 ここまで1試合平均の球数は約87球。このメジャースカウトの見立て通りなら、登板間隔だけでなく球数もオーバー。このままの起用が続くようならフレッシュな状態を保てないことになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」