カブス指揮官も大絶賛! 今永昇太「最強打線」を手玉に取った冷静沈着な観察眼

公開日: 更新日:

 日本人のルーキー左腕が好投を続けている。

 カブス・今永昇太(30)が日本時間8日のドジャース戦に登板し、日米通じて初対決となった大谷を空振り三振と三邪飛に仕留めるなど、メジャー最強打線を相手に4回を2安打無失点。雨で約3時間中断したため、四回で降板し、メジャー2勝目はならなかったが、2日のロッキーズ戦からの連続無失点を10イニングに伸ばした。

 注目された大谷との対決を制した今永は「勝負は紙一重だった。きょうはたまたま抑えられただけ」と謙遜したが、ド軍打線をねじ伏せたのは決して「たまたま」ではない。登板に合わせて入念な準備を怠らなかったからだ。

 今永は大谷、ベッツ、フリーマンのMVPトリオ以外にも強打者が並ぶ相手打線のビデオを何度も見たという。大谷を2打席とも内角高めの直球で打ち取ったことについて「低めに行ってしまう僕の真っすぐは、あまり効果はないと思った」と説明。初回の第1打席は、ファウルで粘られたことから「どこに投げても自分のスイングが必ずできるなと感じた」と、マウンド上で冷静に観察していたと明かした。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今