ドジャース山本由伸は大谷、ベッツに足を向けて眠れない メジャートップの攻撃力を示す「259」の驚異

公開日: 更新日:

 山本由伸(25=ドジャース)が日本時間21日のダイヤモンドバックス戦で5勝目(1敗)をマークした。目下、5連勝中だ。

 ここまで10試合に登板して、防御率は3.17。試合はつくっているものの、だから白星を重ねられるとは限らない。

 ドジャースはいま、リリーフ陣が脆弱だ。この日、メッツから右腕のラミレス(29)を金銭トレードで緊急補強したのは、抑えのフィリップス(29)をはじめケリー(35)、ブレイジャー(36)らの救援陣が故障者リスト入りしているからだ。

 山本が勝ち投手の権利をもって降板しても、リリーフ陣が踏ん張れずに試合を引っ繰り返される可能性がある。

 しかし、ドジャースには、リリーフ陣の不調を補って余りある攻撃力がある。

 チーム総得点259はメジャートップ。チーム本塁打66はメジャー4位。大谷(打率.353、13本塁打)、ベッツ(同.335、8本塁打)、フリーマン(同.298、5本塁打)のMVPトリオに加え、スミス(同.308、5本塁打)、マンシー(9本塁打)、テオスカー・ヘルナンデス(11本塁打)と並ぶ打線は強力だ。リリーフ陣が打ち込まれても引っ繰り返されないくらいの貯金をつくるか、先発の失点を帳消しにするくらい打ちまくっているのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代