4年後の東京は大丈夫か? リオ五輪で選手の不祥事続出

公開日:  更新日:

 4年後の東京も心配になってくる。開催中のリオ五輪で選手の不祥事が多発しているのだ。

 開幕日の5日朝にモロッコのボクシング選手、ハサン・サアダ(22)が女性スタッフ2人への性的暴行未遂で拘束されると、3日後にはナミビアのボクシング選手、ジュニウス・ジョナス(22)が同じく選手村で女性スタッフにキスを迫り、カネを払って性交渉を持ちかけ逮捕。現場にいたコーチも止めに入らなかったというから恐ろしい。ジョナスはナミビア代表として旗手も務めていたが、11日の初戦は「有罪が確定していない」として釈放され、予定通り出場するも判定負けした。

 さる10日には、男子体操個人種目別つり輪のオランダ代表、ユーリ・ファン・ヘルダー(33)が決勝進出後、チーム規則を破って選手村の外で痛飲。ブラジル人女性と外泊して除名処分となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る