「疎開した四〇万冊の図書」金高謙二著

公開日: 更新日:

<日比谷図書館の蔵書疎開の全記録>

 日本が太平洋戦争に突入したころ、国内では思想統制が強化され、図書館の蔵書の閲覧制限が始まった。アジア諸国では読書会を通して皇民化教育が進められ、図書館を足場に、大東亜共栄圏構想が展開されていく。やがて空襲から守るために、日比谷図書館の蔵書を多摩に疎開させることに。個人蔵の貴重本も買い上げ、都立一中生、高輪商業学校生を動員して、木炭車、鉄道、大八車などで40万冊の疎開を開始する。

 戦中、戦後を通して、思想統制、戦火、駐留軍による没収などから図書を守った人々の記録。
(幻戯書房 2400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る