• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「疎開した四〇万冊の図書」金高謙二著

<日比谷図書館の蔵書疎開の全記録>

 日本が太平洋戦争に突入したころ、国内では思想統制が強化され、図書館の蔵書の閲覧制限が始まった。アジア諸国では読書会を通して皇民化教育が進められ、図書館を足場に、大東亜共栄圏構想が展開されていく。やがて空襲から守るために、日比谷図書館の蔵書を多摩に疎開させることに。個人蔵の貴重本も買い上げ、都立一中生、高輪商業学校生を動員して、木炭車、鉄道、大八車などで40万冊の疎開を開始する。

 戦中、戦後を通して、思想統制、戦火、駐留軍による没収などから図書を守った人々の記録。
(幻戯書房 2400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る