「利権の復活」古賀茂明著

公開日: 更新日:

安倍政権の世論操作の実態>

 マスコミを利用して世論を操る安倍政権の巧妙なレトリックを分析して、そこに隠された思惑と利権のからくりを検証した政権批判の書。

 例えば原発事故の汚染水問題。安倍総理は、「国としてしっかりと対策を講じていく」と発言し、汚染水対策への国費投入が決定する。しかし、この決定が実際に意味するのは、東電の株主と債権者である銀行の資産を守り、国民に負担を課すというものだと指摘。

 その他、TPPやアベノミクス、憲法改正など重要政治課題に関する首相の発言の真意と背景を読み解き、改革派を装い国民の目を欺き、時に国民の不安をあおり世の中の空気を操作していくその手練手管を暴く。一方で、政官と「ITゼネコン」らの癒着構造にも言及。
(PHP研究所 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード