• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「利権の復活」古賀茂明著

<安倍政権の世論操作の実態>

 マスコミを利用して世論を操る安倍政権の巧妙なレトリックを分析して、そこに隠された思惑と利権のからくりを検証した政権批判の書。

 例えば原発事故の汚染水問題。安倍総理は、「国としてしっかりと対策を講じていく」と発言し、汚染水対策への国費投入が決定する。しかし、この決定が実際に意味するのは、東電の株主と債権者である銀行の資産を守り、国民に負担を課すというものだと指摘。

 その他、TPPやアベノミクス、憲法改正など重要政治課題に関する首相の発言の真意と背景を読み解き、改革派を装い国民の目を欺き、時に国民の不安をあおり世の中の空気を操作していくその手練手管を暴く。一方で、政官と「ITゼネコン」らの癒着構造にも言及。
(PHP研究所 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る