「奇動捜査ウルフォース」霞流一氏

公開日: 更新日:

■「映像化するなら改造パトカーはCGでなく特撮で撮りたいですね」

「もともと『傷だらけの天使』のような男2人の刑事ものが好きだったんです。人気ドラマ『相棒』の2人は年齢差があるけど、平気で悪口を言い合えるような関係にしたかったので、あまり年の差がないコンビという設定にしました。僕は映画会社で仕事をしていたんですが、映画の面白さって、会話の面白さなんですよ。そういう会話のスピード感を小説で表現できないかなと」

 警視庁機動捜査隊井の頭分署の木羽健介と花倉正人の2人が猟奇的な事件に取り組む、ジェットコースターのようなノンストップ本格ミステリーだ。

「映画ではそうはいきませんが、小説の場合、既に亡くなった役者さんを使ってあり得ない組み合わせにすることもできます。僕はキャラクター表を作って何人か役者の名前を書き入れているんですが、今回は木羽は若い頃の渡辺謙さん、花倉は南海キャンディーズの山ちゃんでしたね。そのコンビだったら恐る恐る見たいなと。山ちゃんのメガネを替えて。尾行しても気づかれちゃうから(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る