「奇動捜査ウルフォース」霞流一氏

公開日:  更新日:

■「映像化するなら改造パトカーはCGでなく特撮で撮りたいですね」

「もともと『傷だらけの天使』のような男2人の刑事ものが好きだったんです。人気ドラマ『相棒』の2人は年齢差があるけど、平気で悪口を言い合えるような関係にしたかったので、あまり年の差がないコンビという設定にしました。僕は映画会社で仕事をしていたんですが、映画の面白さって、会話の面白さなんですよ。そういう会話のスピード感を小説で表現できないかなと」

 警視庁機動捜査隊井の頭分署の木羽健介と花倉正人の2人が猟奇的な事件に取り組む、ジェットコースターのようなノンストップ本格ミステリーだ。

「映画ではそうはいきませんが、小説の場合、既に亡くなった役者さんを使ってあり得ない組み合わせにすることもできます。僕はキャラクター表を作って何人か役者の名前を書き入れているんですが、今回は木羽は若い頃の渡辺謙さん、花倉は南海キャンディーズの山ちゃんでしたね。そのコンビだったら恐る恐る見たいなと。山ちゃんのメガネを替えて。尾行しても気づかれちゃうから(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る