「山と日本人」宮本常一著

公開日: 更新日:

■山から山へと移住したタタラ師

 日本が高度成長期で物質文化に浮かれているとき、全国をくまなく歩き、地域社会の在り方を模索していた民俗学者の雄・宮本常一。奥深い山に住む山岳民の独特な生活形態を丹念に調べあげ、考察を加えた報告をまとめた一冊。熊やイノシシ、鹿の狩猟で生計を立てるマタギ、砂鉄の精錬にタタラを踏むという重労働を専門にして山から山へと移住したタタラ師。彼らは質素な暮らしでも自然に敬意を払い、独自の信仰や文化を生み出していた。

 こうした山村文化の保存や振興への具体的な提案も記している。
(八坂書房 2000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る