「山と日本人」宮本常一著

公開日:  更新日:

■山から山へと移住したタタラ師

 日本が高度成長期で物質文化に浮かれているとき、全国をくまなく歩き、地域社会の在り方を模索していた民俗学者の雄・宮本常一。奥深い山に住む山岳民の独特な生活形態を丹念に調べあげ、考察を加えた報告をまとめた一冊。熊やイノシシ、鹿の狩猟で生計を立てるマタギ、砂鉄の精錬にタタラを踏むという重労働を専門にして山から山へと移住したタタラ師。彼らは質素な暮らしでも自然に敬意を払い、独自の信仰や文化を生み出していた。

 こうした山村文化の保存や振興への具体的な提案も記している。
(八坂書房 2000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る