「驚愕遊園地」日本推理作家協会編

公開日: 更新日:

■東野圭吾ら15人のミステリー短編

 刑事の若狭は、マンションの8階に住むあきえを訪ねる。殺人の容疑者・畝米が不倫中のあきえと一緒にいたとアリバイを主張したからだ。

 マンションから市のランドマーク「天華寺会館」を眺めた若狭の脳裏に12年前のある未解決殺人事件が思い出される。

 その事件の容疑者も不倫でアリバイが立証され、天華寺会館が一望できるマンションに住んでいた。さらに数年前の殺人事件の現場も会館が望めるマンションだった。

 いずれも匿名の通報で事件が発覚するという共通点もあった。
(西澤保彦著「対の住処」)

 その他、東野圭吾をはじめ、錚々(そうそう)たるメンバーのミステリー短編15作を収録したアンソロジー。

(光文社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る

人気キーワード