• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「驚愕遊園地」日本推理作家協会編

■東野圭吾ら15人のミステリー短編

 刑事の若狭は、マンションの8階に住むあきえを訪ねる。殺人の容疑者・畝米が不倫中のあきえと一緒にいたとアリバイを主張したからだ。

 マンションから市のランドマーク「天華寺会館」を眺めた若狭の脳裏に12年前のある未解決殺人事件が思い出される。

 その事件の容疑者も不倫でアリバイが立証され、天華寺会館が一望できるマンションに住んでいた。さらに数年前の殺人事件の現場も会館が望めるマンションだった。

 いずれも匿名の通報で事件が発覚するという共通点もあった。
(西澤保彦著「対の住処」)

 その他、東野圭吾をはじめ、錚々(そうそう)たるメンバーのミステリー短編15作を収録したアンソロジー。

(光文社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る