「データ進化論」河治良幸

公開日:  更新日:

――執筆動機は?

「サッカーは野球と違って《データ化しづらい》スポーツです。これまで個人の印象論で語られることが多かった。サッカーの見方は“百人百色”ですが、データはひとつだけです。しかし、そのデータも数字を基準にして単純比較しただけ。そこでデータに指標を作り、実際の試合と見比べて分析しました」

――バルセロナをお手本にしてJリーグ各クラブは、ボール支配率を高めようとしています。しかし、支配率が高いから勝てるとは限らないという例も紹介されています。

「12―13年CLでベスト16に進出したセルティックは支配率38%、ドルトムント42%、ミランは49%でした。アヤックスとマンチェスターCは53%でグループステージで敗退しました。たとえばカウンターが主体のドルトムント、ビルドアップが主体のミラン、ドリブルによる持ち上がりが主体のレアルではフィニッシュの局面でどう違うか? 他データと照らし合わせると精度も高まります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る