「データ進化論」河治良幸

公開日: 更新日:

――執筆動機は?

サッカー野球と違って《データ化しづらい》スポーツです。これまで個人の印象論で語られることが多かった。サッカーの見方は“百人百色”ですが、データはひとつだけです。しかし、そのデータも数字を基準にして単純比較しただけ。そこでデータに指標を作り、実際の試合と見比べて分析しました」

――バルセロナをお手本にしてJリーグ各クラブは、ボール支配率を高めようとしています。しかし、支配率が高いから勝てるとは限らないという例も紹介されています。

「12―13年CLでベスト16に進出したセルティックは支配率38%、ドルトムント42%、ミランは49%でした。アヤックスとマンチェスターCは53%でグループステージで敗退しました。たとえばカウンターが主体のドルトムント、ビルドアップが主体のミラン、ドリブルによる持ち上がりが主体のレアルではフィニッシュの局面でどう違うか? 他データと照らし合わせると精度も高まります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る

人気キーワード