「データ進化論」河治良幸

公開日:  更新日:

――執筆動機は?

「サッカーは野球と違って《データ化しづらい》スポーツです。これまで個人の印象論で語られることが多かった。サッカーの見方は“百人百色”ですが、データはひとつだけです。しかし、そのデータも数字を基準にして単純比較しただけ。そこでデータに指標を作り、実際の試合と見比べて分析しました」

――バルセロナをお手本にしてJリーグ各クラブは、ボール支配率を高めようとしています。しかし、支配率が高いから勝てるとは限らないという例も紹介されています。

「12―13年CLでベスト16に進出したセルティックは支配率38%、ドルトムント42%、ミランは49%でした。アヤックスとマンチェスターCは53%でグループステージで敗退しました。たとえばカウンターが主体のドルトムント、ビルドアップが主体のミラン、ドリブルによる持ち上がりが主体のレアルではフィニッシュの局面でどう違うか? 他データと照らし合わせると精度も高まります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る