• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人の命は腸が9割」藤田紘一郎著

 人間の腸では、およそ1000兆個もの腸内細菌が活動しており、全身の健康に大きな影響を与えている。心の病気には、脳内のセロトニン量の減少が関係しているといわれるが、実はこれにも、腸が関わっていると本書。

 体内のセロトニン量はおよそ10ミリグラムだが、その前駆体は腸で作られている。また、うつ病患者には乳製品や卵、肉などセロトニンの原料となるタンパク質を多く取る食事指導がされるが、タンパク質がセロトニンになるまでには、腸内細菌が合成する葉酸やナイアシンなどが不可欠だ。うつ病患者の食事を調査すると、加工食品やファストフードなど腸内細菌のバランスを乱すものが多いことも分かっているという。

 腸の大切さを改めて思い知らされる。
(ワニ・プラス 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る