「人の命は腸が9割」藤田紘一郎著

公開日:  更新日:

 人間の腸では、およそ1000兆個もの腸内細菌が活動しており、全身の健康に大きな影響を与えている。心の病気には、脳内のセロトニン量の減少が関係しているといわれるが、実はこれにも、腸が関わっていると本書。

 体内のセロトニン量はおよそ10ミリグラムだが、その前駆体は腸で作られている。また、うつ病患者には乳製品や卵、肉などセロトニンの原料となるタンパク質を多く取る食事指導がされるが、タンパク質がセロトニンになるまでには、腸内細菌が合成する葉酸やナイアシンなどが不可欠だ。うつ病患者の食事を調査すると、加工食品やファストフードなど腸内細菌のバランスを乱すものが多いことも分かっているという。

 腸の大切さを改めて思い知らされる。
(ワニ・プラス 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る