• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「東京最後の異界 鶯谷」本橋信宏氏

■「ラブホテル街と霊園という落差を内包した鶯谷の魅力を探りました」

 JR山手線の、鶯谷駅に降り立ったことがあるだろうか。台東区に位置し、山手線の中で1日の乗降客数がもっとも少なく、“みどりの窓口”もない。そんな慎ましやかな鶯谷が最近、デリヘルの聖地となっている。

「鶯谷駅のホームから山手線の内側に目を向けると、そこに広がるのは上野寛永寺の霊園が広がる厳かな風景。一方、外側方面には、ラブホテルがこれでもかと乱立しています。これだけ落差のある世界を見渡せるのは、鶯谷をおいて他にないでしょうね」

 新風営法の施行で店舗型風俗店が厳しく制限された一方、無店舗型の派遣風俗店、いわゆるデリヘルが急増した。

 本書には、デリヘル嬢へのインタビューの他、客である男たちへの突撃インタビューも載っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る