• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猫のパジャマ」レイ・ブラッドベリ著、中村融訳

■SF界の巨匠の短編作品集

 夜、往来の途絶えたカリフォルニア9号線の路上で、西へ向かっていた車と東に向かっていた車が、急ブレーキをかけて止まった。それぞれの車から降りてきた若い男と若い女は、道路の真ん中にいた子猫を巡り口論を始める。2人とも愛猫を失ったばかりで、新たな猫を必要としていたのだ。

 食堂に入り話し合うが、閉店時間になっても、決着はつかない。2人は、食堂の近所にあったペット持ち込み可のホテルにチェックインして話し合いを続ける。(表題作)

 その他、著者夫妻が船旅中に出会った男にヒントを得て書いたという「完全主義者」や絶筆エッセーなど、12年に亡くなったSF界の巨匠の短編作品集。
(河出書房新社 880円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る