「がんと診断された私が生きるためにやったこと」広浜千絵著

公開日: 更新日:

 著者は35歳で胃がんを宣告され、胃の4分の3を切除。43歳のときには転移ではない原発性の乳がんと診断された。現在は50代に突入したが、血縁者にがん患者が多いがん家系であり、がんを“持病”と割り切っているという。本書はそんな著者が、がんにかかったときに知っておくべきことについて詳述する。

 医師から自分のがんの状態を聞くとき、最低限知っておきたいのはがん用語だ。がんが広がっていくことを意味する「浸潤」、がんの「悪性度」と「ステージ」の違いなど、これを理解していないと症状も治療法もきちんと理解できない。

 自分が使える医療制度とお金を把握する、あらゆる治療法の副作用を知っておくなど、著者の経験も交えながら解説していく。
(KADOKAWA 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る

人気キーワード