「がんと診断された私が生きるためにやったこと」広浜千絵著

公開日:  更新日:

 著者は35歳で胃がんを宣告され、胃の4分の3を切除。43歳のときには転移ではない原発性の乳がんと診断された。現在は50代に突入したが、血縁者にがん患者が多いがん家系であり、がんを“持病”と割り切っているという。本書はそんな著者が、がんにかかったときに知っておくべきことについて詳述する。

 医師から自分のがんの状態を聞くとき、最低限知っておきたいのはがん用語だ。がんが広がっていくことを意味する「浸潤」、がんの「悪性度」と「ステージ」の違いなど、これを理解していないと症状も治療法もきちんと理解できない。

 自分が使える医療制度とお金を把握する、あらゆる治療法の副作用を知っておくなど、著者の経験も交えながら解説していく。
(KADOKAWA 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る