• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ストーカー病」福井裕輝著

■ストーカーは精神患者と説く本

 時に最悪の結果を招くストーカー事件。加害者と向き合ってきた精神科医の著者は、彼らに共通する被害者感情や激しい思い込み、飛躍した衝動性などの特異な症状から、ひとつの精神疾患ととらえるのが適切だと考えるようになったという。本書は、それをストーカー病と名付け、ひとつの病理として分析した解説書。

 ストーカー病の人とストーカー的な人との境界線、反社会性や自己愛性などのパーソナリティー障害や、発達障害が因子と思われるストーカー病のそれぞれのタイプなど、実際のストーカー事件を例に解説。その上で、ストーカーを病人として、適切な治療を行うことこそが、新たな被害者を生まないための有効な手段だと説く。
(光文社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る