「ストーカー病」福井裕輝著

公開日: 更新日:

■ストーカーは精神患者と説く本

 時に最悪の結果を招くストーカー事件。加害者と向き合ってきた精神科医の著者は、彼らに共通する被害者感情や激しい思い込み、飛躍した衝動性などの特異な症状から、ひとつの精神疾患ととらえるのが適切だと考えるようになったという。本書は、それをストーカー病と名付け、ひとつの病理として分析した解説書。

 ストーカー病の人とストーカー的な人との境界線、反社会性や自己愛性などのパーソナリティー障害や、発達障害が因子と思われるストーカー病のそれぞれのタイプなど、実際のストーカー事件を例に解説。その上で、ストーカーを病人として、適切な治療を行うことこそが、新たな被害者を生まないための有効な手段だと説く。
(光文社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る

人気キーワード